釧路公立大学


地域


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 地域
  3. 公開講座

公開講座

平成28年度釧路公立大学公開講座

釧路会場
釧路公立大学:2階202教室
(釧路市芦野4丁目1番1号)
9月30日(金曜日)18時30分から20時    
加藤一郎教授:キャリアについて語ることの意味-回顧と将来展望-
10月5日(水曜日)18時30分から20時  
 金原いれいね准教授:認知言語学入門-「文法」だけじゃないことばの研究- 
10月12日(水曜日)18時30分から20時  
三輪加奈准教授:数値で学ぶ世界の貧困
10月19日(水曜日)18時30分から20時
秋山修一教授:経済理論入門-経済学における費用とは-
鶴居村会場
鶴居村総合センター:第1研修室
(鶴居村鶴居西1丁目1番地)
10月14日(金曜日)18時30分から21時    
加藤一郎教授:キャリアについて語ることの意味-回顧と将来展望-
金原いれいね准教授:認知言語学入門-「文法」だけじゃないことばの研究-
阿寒町会場
阿寒町公民館:2階 視聴覚室 
(釧路市阿寒町中央2丁目4番1号)
10月21日(金曜日)18時30分から21時
秋山修一教授:経済理論入門-経済学における費用とは-
三輪加奈准教授:数値で学ぶ世界の貧困

講座の紹介
加藤一郎教授
キャリアについて語ることの意味-回顧と将来展望-
将来の不透明感が増す中、個人のキャリア形成について関心が集まっている。過去20年の間に、我が国においても働く人の「人間モデル」が、組織の構成要素としての個人から、主体的に意思決定を行い、自らの将来をデザインしようとする個人へと変化してきた。      
それに伴い発達してきたのが個人のキャリア形成戦略である。
専門性の獲得、目標の立案とその進捗管理といった方策が叫ばれる中、本講座ではそういった戦略の陥りやすい誤算と、将来ばかりを考えるのではなく、過去をふりかえることの重要性を考えてみたい。  
秋山修一教授
経済理論入門-経済学における費用とは-
経済学を学ぶことは広く様々な経済現象を分析するために必要ですが,同時に論理的思考を身につけることで経済現象以外の問題を分析する際にも有益となります。
経済学は標準的体形が整備されている学問で,基礎的知識を論理的に頭に入れることが経済学を学ぶ場合には必要不可欠となります。
この講座では,経済学を学ぶ際に身につけるべき「経済学的な発想」のいくつかを紹介します。
金原 いれいね准教授
認知言語学入門-「文法」だけじゃないことばの研究-
ことばの研究と聞いて、真っ先に思い浮ぶのは、いわゆる学校文法ではないでしょうか。  
不定詞、関係節、分詞構文などわかったようでわからない用語と無味乾燥な文法規則が嫌いで学生時代は 英語が苦手だったという人も多いかもしれません。
本講座では、わたしたちの存在と切り離すことのできないことばの性質に関して、より認知的な観点から掘り下げます。
ことばは、わたしたちが世界を認識する仕方を反映しています。
もちろん言語によって世界の切り取り方にも違いがあります。ことばの不思議と魅力について例を用いながら
一緒に考えましょう。   
三輪加奈准教授
数値で学ぶ世界の貧困
開発途上国における貧困問題は依然として深刻で、現在なお7億人以上の人びとが、 世界銀行の定める国際貧困ライン(1人あたり1日1.90ドル)以下で生活する貧困の状態にあり、これは世界人口の10%近くにのぼる数です。
所得が低いということ以外にも、 貧困の程度を測るさまざまな指標(数値)が公表されています。この講義では、それらの数値を見ることで、世界の貧困を考えていきます。
  • 受講無料
  • 対象:高校生以上
  • 受講方法:お申し込みの必要はありません。ご自由にご来場ください。

最終更新日:2016年09月01日