釧路公立大学

ENGLISH

画面の見やすさ

文字の大きさ


新着情報一覧


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 本学の学生が「日本医療情報学会 北海道支部」において表彰されました

本学の学生が「日本医療情報学会 北海道支部」において表彰されました

ページ内目次

表彰のお知らせ

 ●表彰のお知らせ
 本学の学生が日本医療情報学会 北海道支部において若手研究奨励賞に選ばれました。

●受賞学生 
 経済学部経営学科4年 野口 裕之介さん(公立 札幌啓成高等学校出身)
・【表彰の研究題目1】位置情報を用いた障がい者への接触事故防止支援アプリケーションの開発
・【表彰の研究題目2】釧路・根室地域における妊産婦の見守り監視機能の開発

●受賞の感想 
 今回は若手研究奨励賞という大変名誉な賞をいただき、ここまで多大なるご支援を賜りました皆月先生をはじめ諸方々に心より感謝申し上げます。
 【表彰の研究題目1】位置情報を用いた障がい者への接触事故防止支援アプリケーションの開発は、私の初めての研究テーマです。本テーマは、接触事故の防止を支援したいという思いから研究への取り組みを始めました。開発したアプリケーションは、現在広く普及しているスマートフォンを用いて、接近対象を検知し、対象どうしへ警告を促すことができます。皆月先生の講義・ゼミで培ったプログラミングの力や研究開発・論文といった学術的研究の進め方など、多くのことを学んできた経験を活かし、ここまで本研究を開発・発展させることができました。
 【表彰の研究題目2】釧路・根室地域における妊産婦の見守り監視機能の開発は、拙研究室で継続してきたテーマの関連研究であり、【表彰の研究題目1】で学んだ技術を用いて、妊婦さんを支援するアプリケーションを開発しました。それまでの私自身が進めてきた分野とは異なる分野であったため、開発する機能や検証などにおいて新たに多くのこと学ぶことができました。研究過程では、ヒアリング調査などを実施し、保健師や妊産婦さんの方の多大なるご協力によって、アプリケーションを改良・改善を繰り返してきました。しかし、本研究は、検証や改良・改善を重ねることによって、まだまだ発展の可能性があると感じております。
 最後になりましたが、本研究に関わってくださった釧路市民の皆様、羅臼町および中標津町の皆様、指導教官として研究を支えてくださった皆月教授ならびに学生生活を支えてくださっている本学の関係者の皆様に改めて心からの感謝と敬意を込め、謹んで御礼申し上げます。
 

写真1

写真1:本学内にて記念撮影(写真左から 皆月教授、野口さん、髙野学長)

写真2

写真2:髙野学長への報告の様子(写真左から 野口さん、髙野学長)

最終更新日:2020年03月22日