釧路公立大学

ENGLISH

画面の見やすさ

文字の大きさ


大学紹介


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 情報公開一覧
  4. 教育情報の公表一覧
  5. 教員情報一覧
  6. 教員一覧
  7. 小林聡史

小林聡史

プロフィール

氏名
 小林 聡史
よみがな
 こばやし さとし
担当科目
環境地理学、自然保護学、環境科学概論、専門演習(環境地理)
担当科目紹介

環境地理学:湿地保全のための国際条約であるラムサール条約について学び、日本を含めたアジア地域の湿地保全について考える。また、アフリカにおける野生動物保護、保護区管理を学び、途上国における自然保護のあり方を実例から考えていく。

自然保護学:絶滅危惧種の保護、生態系保全と日本の保護区、生物多様性保全と日本の野生動物の置かれている状況について考える。

環境科学概論:世界と日本の環境史、公害と自然環境保全、地球環境問題と国際条約、リサイクルとごみ問題、日本のエネルギー政策等
専門分野
自然保護学・環境地理学
現在の研究テーマ

ラムサール条約と世界の湿地保全、アフリカ等途上国における自然環境保全のあり方と日本の役割

主要研究業績
  1. ‘Hokkaido Marsh` in Finlayson et al. (Ed) “The Wetland Book II: Distribution, Description, and Conservation” Springer 2018
  2. 「ラムサール条約と漁業」白山ら(編)『海洋保全生態学』講談社 2012
  3. 「野生動物の保護および利用と地域住民─アフリカ南部地域および東部地域」池谷ら(編)『朝倉世界地理講座12:アフリカII』2008.
学位
学術博士(環境保全学) 
所属学会
日本湿地学会(副会長)、日本地理学会、日本生態学会、日本環境学会
主な社会貢献活動

WWFジャパン理事(2018~)、日本湿地ネットワークアドバイザー、トラストサルン釧路アドバイザー

お問い合せ先

最終更新日:2020年04月01日