釧路公立大学


新着情報一覧


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 本学教員FIT2016船井ベストペーパー賞を受賞しました

本学教員FIT2016船井ベストペーパー賞を受賞しました

ページ内目次

受賞のお知らせ

本学の皆月昭則教授がFIT2016船井ベストペーパー賞を受賞しました。
2016年9月8日、富山大学の黒田講堂ホールでFIT学術賞表彰式が執り行われました。

[皆月昭則教授の表彰の感想] 

 情報処理学会と電子情報通信学会の情報・システムソサイエティおよびヒューマンコミュニケーショングループとの2学会の共催による全国学術発表大会(FIT2016)において、情報科学及び情報技術に関する研究分野で最高のスティタスとして評されています公益財団法人船井情報科学振興財団から表彰・褒賞をいただきましたことに感謝いたします。
 講演内容は、文部科学省および日本学術振興会が交付する科学研究費助成事業により採択されました「へき地の周産期母子と都市病院のつながり支援システムの開発評価(研究課題/領域番号26330360)」について発表いたしました。
 2010年から開始した5年間の研究開発で協力していただいた斎藤 涼一君、石原 脩大君、高橋 知央君、岡 史紘君、加我 諭志君、渡邊 宏尚君、土田 栞さん、渋谷 卓磨君の総勢8名の研究室出身・所属のみなさま、そして市立釧路総合病院の助産師・行政機関の保健師の多数のみなさまによって、長年支えられた研究成果ですので、私ひとりのスキルや知識で遂行してきたものではあり得ません。
 つきましては,研究開発の5年間の歩みは協力していただみなさまのおかげですので、ここに深謝いたします。
 北海道は国土の22%で東北6県を上回る広大な面積の地域を有します。
 研究では全国で最も産科の減少が進行している地域のマタニティの「つながり」支援方法を模索しており、引き続きマタニティの受療行動支援システム構築に向けて努力して参ります。

画像:皆月昭則教授表彰1

※富山大学の黒田講堂ホールでFIT学術賞表彰式に登壇する皆月昭則教授

画像:皆月昭則教授表彰2

※受賞会場にて

画像:皆月昭則教授表彰3

※高野学長と学長室で記念撮影

最終更新日:2016年09月13日