釧路公立大学


国際交流・留学


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 国際交流・留学
  3. 留学プログラムの一覧
  4. 派遣留学プログラムの概要

派遣留学プログラムの概要

本学と姉妹校協定を結んでいる大学は、カナダのバーナビー市所在のサイモンフレーザー大学、同じくカナダのノースバンクーバー市所在のキャピラノ大学、そして、韓国の大田市所在の牧園大学、台湾の彰化県所在の明道大学、ロシア連邦、サハリン所在のサハリン人文工業大学の5つの大学です。このうち、本学から留学生を派遣しているのは、キャピラノ大学、牧園大学、明道大学、サハリン人文工業大学の4つの大学です。

派遣先大学の紹介

キャピラノ大学(カナダ、ノースバンクーバー市)
画像:キャピラノ大学
学生数は約7500名。学士号取得プログラム、職業専門プログラム、集中英語コースなどからなり、3つのキャンパスを持つ1968年に創立された公立の総合大学です。経済、アート、教育、観光、健康科学などバラエティに富んだカリキュラム構成になっています。
牧園大學(韓国、大田廣域市)
画像:牧園大學
1954年に創立され、1993年に総合大学になった私立大学。韓国のほぼ中央にある大田広域市に位置します。学生数およそ13000名の総合大学です。人文・社会科学・音楽・美術などの10学部と5つの大学院が設置されています。
明道大學(台灣、彰化縣)
画像:明道大學
2001年に開学した私立大学。台湾のほぼ真ん中彰化県に位置します。学生数は5000名を超え、人文社会・管理・デザイン・理工の4学部があります。本学からの派遣留学生は、人文学部応用日本語学科に所属します。
サハリン人文工業大学(ロシア連邦、ユジノサハリンスク市)
画像:サハリン人文工業大学
1991年に創立された私立大学。サハリンの州都ユジノサハリンスク市にあり、人文学部、経済情報学部、工学部の3つの学部からなります。

派遣先大学で主に学ぶもの

留学を希望する大学で主に履修する科目を事前に把握しておくことは、留学の目的や目標の設定において欠かせません。カナダやロシアのように、4ヶ月から6ヶ月間の留学は、短期語学研修、つまり語学中心の授業になります。1年間留学の韓国と台湾は、語学は勿論、実技・教養、そして専門科目を履修することも可能です。以下の表を参考に、各大学のおおまかな授業内容を把握しておいてください。

派遣先大学で主に学ぶもの
大学名 主に学ぶもの
キャピラノ大学(カナダ) 本学から派遣された学生は留学生のための語学プログラムであるEnglish for Academic Purposes (EAP)に所属し、学期前に実施されるPlacement Testによって7段階のコースのいずれかに配置されます。コースによって時間割は多少異なりますが、例えば、Writing(2コマ)、Grammar(2コマ)、Speaking & Listening(2コマ)、Reading & Vocabulary(2コマ)、Grammar & Conversation(2コマ)で合計週20時間以上じっくりと英語を身につけます。
キャピラノ大学(カナダ)
期間延長の場合
留学最初の1学期はESLのみの履修となりますが、期間の延長を希望する場合(翌年の4月上旬まで)は、英語の成績に応じて、専門科目から一科目履修可能です。
サハリン人文工業大学(ロシア) 本学の交換留学生は人文学部に所属します。外国語としてのロシア語基礎をしっかり学んだうえで、コミュニケーション能力をさらに発展的に定着させます。ロシア語の関連科目以外にも、英語や体育、ロシア・サハリンの歴史などの一般教養科目も履修可能ですので、これらの授業に参加することを通して、多くのロシア人学生との交流を深める良い機会となっています。
明道大学(台湾) 原則として、明道大学の全ての授業を履修することができますが、多くの学生は、第一学期に中国語の授業を中心に学習をすすめ、中国語力のレベルアップをはかったうえで、第二学期に本学での専門性と近い経済や経営関係の授業を履修する傾向にあります。また、武道・書道・中華料理実習など、特色ある実技科目も好評です。
牧園大学(韓国) 本学の派遣留学生は、留学生用の韓国語の授業に出席し、韓国語によるコミュニケーション能力の向上をめざします。韓国語の授業は、初級・中級といったレベルになっており、自分の実力に合わせた段階的なレベルアップを図ることができます。他に、音楽・体育・文化などの教養科目、経済・経営関連の専門科目を履修することが可能です。
牧園大学(サマーキャンプ) 8月の夏季休暇を利用して、韓国語の基礎的な学習とともに、伝統工芸や礼儀作法などの韓国文化に直接ふれることのできる、約10日間の体験型プログラムです。これまでの参加者の中には、限られた期間内で積極的に現地の人々と交流し、帰国後もひきつづき交友関係を深めている人もいます。


最終更新日:2017年01月17日