釧路公立大学


国際交流・留学


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 国際交流・留学
  3. 留学体験談

留学体験談

釧路から世界へ飛び出し、留学を通してさまざまな経験をした先輩から、これから留学を考える皆さんへのメッセージです。

平成27年度カナダ・キャピラノ大学派遣留学生 太刀川 雅人(留学時2年生)

初めての海外留学ということもあり、不安ばかりではありましたが、終わった今ではその不安も自分の成長につながったと思います。不安に思ったからこそ、人に聴いてみたり、自分でそれを調べて試してみるといった行動力が身についたと思うからです。実際に、感謝祭やハロウィンといった国の行事や学校でのイベントなども多く参加して人と触れ合い、理解を深めるよう努めることでも、学校ではジャックオランタンを作ってみたり、感謝祭にはターキーを家族で食べたり、と日本より文化や習慣を大事にしているという印象を受けました。
これから留学を考える学生には、誰も自分を知る人がいない環境を不安に思うのではなく、今までの自分を変えられる好機だと思ってほしいと強く思います。語学力の向上ももちろん良い目標ではありますが、それよりも留学を終えてどんな自分になっていたいかということを意識することが大事であったと感じます。
写真の左は、「ジャックオランタンづくり体験」、右は「家族でつくる感謝祭の料理」です。
  • 図:太刀川1
  • 図:太刀川2

平成27年度カナダ・キャピラノ大学派遣留学生 大井 香奈美 (留学時2年生)

図:大井
私がカナダに短期留学を決意した1番の理由は、自分に自信をつけるためでした。はじめは、思うようにコミュニケーションが取れないことで、自信を失っていくような毎日でした。でも次第に、クラスの友達と出かけたり、授業で発言したりできることが増え、カナダでの生活はとても楽しくなっていきました。また、バンクーバーは、色々な国や地域から人が集まる都市だったため、カナダの英語、文化だけではなく、様々な国の人が使う英語、様々な国の文化に触れることができました。そういった点で、留学にはピッタリの場所だったと思います。
短期留学で得たすべての経験が私の自信になったように感じています。留学を迷っている人は、是非チャレンジしてみてほしいなと思います!
写真はクラスメイトと放課後街を探索した時に撮ってもらった一枚です。綺麗な建物や豊かな自然があふれる、素敵な街で留学できて幸せです。

平成27年度台湾・明道大学派遣留学生 栗原 育嗣 (留学時3年生)

図:栗原
一番の思い出は、世界各地の学生と中国語を一緒に勉強したことです。寮での生活や休日はもちろんのこと、学校の授業でもたくさんの友達と触れ合うことが出来ました。新しい言語を習得しようと、必死に取り組んでくれる友達が周りには多くいました。彼らの存在が刺激となり、日々切磋琢磨し合いながら成長したように感じます。留学を迷っているなら、一歩踏み出して行動するべきです!見たことない世界が広がっています。今しかできない経験を今のうちに。
(写真は、台湾のあるお寺において)

平成27年度韓国・牧園大学派遣留学生 奥 周吾 (留学時2年生)

留学で楽しかったことは、日が経つにつれて語学力が上達して、他国の留学生や現地の方と会話ができるようになったことです。最初の2か月ほどは思うように話せず、もどかしい思いもしましたが、ある程度自然に会話ができるようになると、交友関係や行動範囲も広がり、一人でも遠出できるようになって、夏休みにはプサンに旅行に行くなど有意義な時間を過ごすことができました。これから留学をする学生には、留学生活を思いっきり楽しんでほしいです。もしも留学しようかどうか迷っている学生がいたら、ぜひ迷わずに留学に挑戦してみてほしいです!

最終更新日:2017年01月17日