釧路公立大学


キャンパスライフ


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. キャンパスライフ
  3. 学生支援の一覧
  4. 下宿・アパート等

下宿・アパート等

下宿・アパートの情報

下宿・アパートの情報は、大学生協から「部屋さがしカタログ」が合格者全員に配付されます。また、大学生協にも常設されていますので、是非参考にしてください。

部屋探しのポイント

部屋探しをするときは、まず住居費の必要経費を考えることがポイントとなります。住居費の必要経費には契約時の必要経費と1か月の必要経費があります。
次に予算に照らし合わせて物件を検討します。この際、出来るだけ候補物件を実際に見て、住環境のチェックをすることをお勧めします。
部屋探しでお困りの時は、大学生協に相談してみましょう。

住居費の必要経費

契約時の必要経費は、
敷金(1か月分程度)と礼金(0か月から1か月分)と前家賃(1か月分)と仲介手数料(0か月から1か月分)を足した金額、つまり家賃の2か月から4か月分の金額が一般的と言われています。

1か月の必要経費

1か月の必要経費は、
家賃と管理費と光熱費・水道費と食費と交通費などを足した金額になります。

家賃のほかにも色々と費用がかかります。


おおよその家賃など

大学周辺のアパートは比較的新しいところで一ヶ月40,000円前後ですが、これを中心として、設備や建築年数などの条件で、30,000円から45,000円前後程度の幅があります。
また、下宿については通常2食付ですが、一ヶ月55,000円前後から、こちらも条件により幅があります。
自分の希望条件に添ったものを探しましょう。

住環境のチェック

広さ、日当たり、騒音、安全性、自炊設備、電話、周囲の環境、交通条件等

契約時のポイント

  • 契約の意思をはっきり言うこと。
  • 必ず文書(契約書)を取り交わすこと。(中途解約時の違約金のことや契約期間、更新の時の家賃や手数料の関係など大事なことが記載されているので、契約内容は必ず確認すること)
  • アパートの生活及び下宿では生活上の制限(門限、友人の訪問等)があります。また、貸主・同居人との人間関係が必ず生ずることを理解すること。

入居後の注意

  • 近隣に迷惑をかけないこと。一人暮らしの場合、自ら最低限守らなければならないルールがあります。深夜に及ぶ交友(麻雀等)など、居住者や近隣の住民に迷惑をかけないように心がけてください。
  • ごみの分別収集を守ること。あなたはもう地域社会の住民です。釧路市、釧路町などのごみ収集日程や分別方法に従い、社会の一員としての自覚をもってルールに協力しましょう。特に生ごみなどを収集日以外に出すなどは、カラスやカモメなどに荒らされ周囲に迷惑を掛けることになります。
  • 火災に注意すること。電気、ガス、寝たばこ、暖房機などによる火災には十分注意してください。
  • 各種料金の納期を守ること。家賃や電気、水道、ガス、電話等、公共料金の納期を守り、支払いが滞ることの無いように注意してください。
  • 部屋はきれいに使うこと。アパート及び下宿の部屋はあくまでも借りているものです。貸主の了解なく部屋の造作を変えないようにすることはもちろんのこと、普段の生活でも部屋をきれいに使うことを心がけてください。
  • 冬期間の水道凍結に注意すること。冬期間(おおむね12月から3月)は外気温が日中でも氷点下になり、朝晩はマイナス20度近くになることがあります。このため水道凍結の可能性があるので、就寝前や長期間留守にする場合は水道管の「水抜き」を忘れないようにしましょう。水道凍結から水道管破裂へ発展した場合には水道管の修理はもちろんのこと、建物の被害から階下の家財への被害までひき起こし、損害賠償の問題になることもありますので、水抜きについては不動産業者や家主などから十分説明を受け、事故の起こらないよう気をつけてください。
  • 戸締りをきちんとすること。留守にするときや就寝前には、ドアや窓の鍵、電気、ガスの元栓、水道など、戸締りに十分注意してください。

学生寮について

周辺が住宅街となっており、アパート・下宿については十分供給されているため、本学には学生寮はありません。

トラブル等の相談は

事務局学生課に遠慮なく相談してください。

最終更新日:2016年12月19日