釧路公立大学


大学紹介


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 情報公開一覧
  4. 教育情報の公表一覧
  5. 教員情報一覧
  6. 教員一覧
  7. 髙野敏行

髙野敏行

ページ内目次

プロフィール

氏名
髙野 敏行 
よみがな
たかの としゆき 
職名
学長、教授 
担当科目
独語、独語によるドイツ文化、独語コミュニケーション 
担当科目紹介
『独語』
ドイツ語はどんな言語か、についてお話する必要はないでしょう。
先輩のすすめ、高校の先生のすすめ、ドイツのサッカー、ドイツの環境政策、EUへの関心、音楽や哲学、文学などなど、いろいろな動機でドイツ語を選ぶ人がいます。その全員がゼロからのスタートです。
ですから、授業は「つづりの読み方」から始めて、ドイツ語の2大ルールである「動詞の人称変化」と「名詞の性・数・格」をいたって丁寧に説明し、少しずつ複雑な内容に進みます。
その際、読解問題・作文問題、文法問題、会話練習と、さまざまなかたちで勉強してもらいますが、それらを貫いて大きな声で読むことが求められます。 
専門分野
哲学 
現在の研究テーマ
  1. パスカル
  2. ドイツ観念論 
主要研究業績
「思考法の変革 コペルニクスに託されたもの」(「一橋論叢」掲載)
「純粋直観について」(「人文・自然科学研究(釧路公立大学紀要)」掲載)
(翻訳・共訳)R・クローナー『ドイツ観念論の発展』(理想社) 
学位
社会学修士 
所属学会
日本哲学会、ゲーテと自然科学の会 
主な社会貢献活動
釧路市社会教育委員
釧路市民文化振興財団運営審議委員
釧路家庭裁判所家事調停委員 

最終更新日:2016年12月19日