釧路公立大学


大学紹介


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 情報公開一覧
  4. 教育情報の公表一覧
  5. 教員情報一覧
  6. 教員一覧
  7. 金原いれいね

金原いれいね

ページ内目次

プロフィール

氏名
金原 いれいね
よみがな
きんばら いれいね
職名
准教授
担当科目
英語ベーシック、資格英語、英語による英米文化
担当科目紹介
英語は実に多くの地域で使用されている言語です。世界には、アメリカやイギリス、オーストラリアといった国々だけではなく、国内の「共通語」として英語が用いられている国もあります(例えばインドがそうですね)。
いま名前を挙げた国々では、英語は母語もしくは共通語となっています。こうした国々の人びととコミュニケーションをとる場合、基本的には英語でやりとりをすることになります。
さらに、学校などで学んだ「外国語」として、英語を活用する場面も増えつつあります。例えば、東南アジア諸国の人びととやり取りをする必要があるとしましょう。タイ語あるいはインドネシア語を学んで連絡を取り合うこともあると思います。ですが、お互いにとって身近な外国語である「英語」を使って、コミュニケーションをすることもあるのです。こうしたことを考えていくと、英語を学ぶことのメリットは非常に大きなものとなります。
私たちの教室は、英語が得意な人も、あるいは英語に苦手意識をもっている人も歓迎しています。英語が得意で運用能力を伸ばしたい人は、基礎的な知識をしっかりと確認しつつ、英語の活用能力をトータルに育んでもらうようにしています。
また、仮に英語が苦手であっても、「どこが」「どのように」苦手なのか、これをしっかりと把握するよう心がけています。英語の学習で重要なのは、「わかること」を増やしていくことだけではなく、「どのようにわからないのか」をきちんと把握し、その後の学習につなげていくことです。英語の学習は大学に在学している期間で終わってしまうわけではありません。卒業後も、自分なりの方法で学習していく場面が、所々でてくると思います。英語を学ぶなかで、自分がわからない部分を把握してそれを学習に結びつけていくことを、きちんとした習慣としていくことができれば、いってみれば「一生もの」の学力を身につけたことになるのです。そのお手伝いを私たちはしていることになります。皆さんと一緒に学ぶ日が来るのを楽しみにしています。(英語教員一同)
専門分野
言語学、心理言語学
現在の研究テーマ
  1. 身振りの意味と社会的機能
  2. 談話分析、言語類型論
主要研究業績
金原いれいね(2009)「身振りの制限による発語への影響」釧路公立大学紀要 人文・自然科学研究第21号
Kimbara, I. (2008). Gesture form convergence in joint description. Journal of Nonverbal Behavior,32(2)
Kimbara, I. (2007). Indexing locations in gesture: Recalled stimulus image and interspeaker coordination as factors influencing gesture form. In Duncan, Susan D., Cassell, Justine, & Levy, Elena T. (eds.), Gesture and the dynamic dimension of language (pp. 213-220). Amsterdam: John Benjamins.
Parrill, F. & Kimbara, I. (2006) Seeing and hearing double: The influence of mimicry in speech and gesture on observers. Journal of Nonverbal Behavior, 30(4): 141-150.
Kimbara, I. (2006) On gestural mimicry. Gesture, 6(1): 39-61.
学位
博士(言語学)
所属学会
社会言語科学会、International Society of Gesture Studies (ISGS)

最終更新日:2016年12月19日