釧路公立大学


大学紹介


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 情報公開一覧
  4. 教育情報の公表一覧
  5. 教員情報一覧
  6. 教員一覧
  7. 加藤和暢

加藤和暢

ページ内目次

プロフィール

氏名
加藤 和暢 
よみがな
かとう かずのぶ 
職名
教授 
担当科目
専門演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、地域開発論、経済地理、産業立地論、基礎演習 
担当科目紹介
『地域開発論』
地域開発論を担当しているからだろう、「どうすれば自分の住んでいる地域は良くなりますか?」という質問をうけることが少なくない。
だが、この学問を身につけたからといって「どうすれば地域が良くなるか」がワカルわけではない。
「こうすれば良くなる」「ああすれば良い」といった“お気軽”な発言が、いかに無根拠であるかを解明し、巷に跋扈する安易な処方箋にダマサレナイための「解毒剤」を提供するところに地域開発論の役割はある。 
専門分野
経済政策論、経済地理学 
現在の研究テーマ
  1. 「問題性」論をふまえた国土政策の形成過程の解明
  2. 経済循環の「空間的組織化」を基軸にすえた経済地理学の構築
  3. 都市集積と産業集積の相互関係についての検討 
主要研究業績
矢田俊文編著『地域構造の理論』ミネルヴァ書房・1990年(第1・15・16章担当)
松原宏編著『立地論入門』古今書院・2002年(第6章担当)
矢田俊文編著『地域構造の軌跡と展望』ミネルヴァ書房・2005年(第14章担当)
加藤和暢「都市集積とのカップリングによる産業集積の活性化」『産業立地』2007年1月号
加藤和暢「北海道の地域間格差」『地域開発』2007年6月号 
学位
経済学修士 
所属学会
経済地理学会 
主な社会貢献活動
文部科学省現代的教育ニーズ取組選定委員会委員
経済地理学会評議員
釧路市建築審査会会長代理
釧路市都市計画審議会委員
釧路市地方港湾審議会委員 

最終更新日:2016年12月19日