釧路公立大学


大学紹介


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 情報公開一覧
  4. 教育情報の公表一覧
  5. 教員情報一覧
  6. 教員一覧
  7. 萩原充

萩原充

プロフィール

氏名
萩原 充 
よみがな
 はぎわら みつる
職名
 教授
担当科目
 アジア経済史、中国経済論、国際関係論A、専門演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、基礎演習
担当科目紹介
『専門演習』
現在、中国の国内情勢に世界の眼が注がれており、日中関係についても新たな局面を迎えようとしている。そうした中国を理解するには、歴史分析を重視しつつ、政治・経済・社会・文化などの様々な方面から接近することが必要である。本演習では、学生の主体性を重視しながら、中国および日中関係について多面的な理解を試みることを主眼とする。なお、演習2・3は3・4年を縦割りにした2つのグループ(中国史グループ・日中関係史グループ)に分けておこなう。 
専門分野
中国近現代経済史 
現在の研究テーマ
  1. 中国企業史
  2. 近代中国交通政策史
  3. 中国重工業発展史
主要研究業績
  1. 著書『中国の経済建設と日中関係』(ミネルヴァ書房、2000年)
  2. 論文「1930年代の日中航空連絡問題」(『現代中国』76号、2002年)
  3. 論文「重慶国民政府期の民間航空」(石島紀之・久保亨編『重慶国民政府史の研究』東京大学出版会、2004年)
  4. 論文「中国の民間航空政策と対外関係」(『国際政治』146号、2006年)
  5. 論文「中国空軍の対日戦略—日本爆撃計画を中心に—」(波多野澄雄・戸部良一編『日中戦争の軍事的展開』慶應義塾大学出版会、2006年
学位
 博士(経済学)
所属学会
社会経済史学会、日本現代中国学会、日本日中関係学会、政治経済学・経済史学会

お問い合せ先

最終更新日:2016年12月19日